FXをはじめたい方に

FXとは、どういったものなのか?

最近、様々な所で耳にするFXとはどのようなものなのでしょうか?
ここでは、簡単に説明してみようと思います。
まず、FXとはForeign eXchangeの略で、日本語では外国為替保証金取引の事を意味します。
ここからFXと呼ばれ、親しまれるようになったのです。
1998年までは、個人が外国為替保証金取引を日本で行う事は不可能だったのですが、その後の外国貿易法改正に伴って、個人の取引が開始されました。
それ以来FXは、個人投資家から注目を集める金融商品として、現在でも非常に人気が高いです。

さて、次はFXの取引方法について見ていくことにしましょう。
FXでは、お金を買ってお金を売ります。
つまり、私たちの手持ちのお金である円を使って外貨を買い、為替レートで時期を見計らって、外貨を売る。
こうすることによって利益を出すのがFXなのです。どうです、簡単ではないでしょうか?

次に、もう少し細かく利益の出し方について見ていきましょう。
まず、皆さんもご存知の通り、お金は為替レートによって円高になったり円安になったりします。
このような変動によって、利益を生み出していきます。
例えば、日本円で1ドル80円の時に、8,000円を払って米ドルを100ドル分買うとします。
その後、為替レートが変動し1ドルが80円になれば、手持ちのドルは10,000円と換える事が出来ます。
つまり2,000円もの利益が生み出されたのです。
反対に、1ドル100円の時に、10,000円を払って100ドル分購入するとします、その後ドルが80円まで変動すればどうなるでしょうか?
そうです、利益はマイナス2,000円となり、損益が生じてしまうのです。

このような円高や円安などのレートの差によって利益を生み出していくのがFXの本質となります。


実際に、FXで利益を出してみよう。

実際にFXで利益を出す方法を説明

FXの利益の出し方は、大きく分けて2通りのものがあります。
まず、1つめは為替差益と呼ばれる、為替レートの変動を利用して利益を出す方法と、スワップポイントと呼ばれる金利差を利用した方法になります。
まずは、為替差益について説明しましょう。
為替差益には、安く買って高く売る方法と、高く売って安く売る方法の2つのパターンが存在します。
これらはどちらも同じように、円高になっても円安になっても、利益を狙う事が出来ます。

例えば、1ドル80円のときに1ドルを買うとします、その後レートが1ドル100円に上がった場合どうなるでしょうか?
そうです、1ドルにつき20円の利益が生まれました。
こうして、ドルを安く買って高く売る事が出来たのです。
反対に、1ドル100円のときにドルを売るとします、すると100円が手元に入ってきます。
その後、1ドルが80円になったとすれば、80円で1ドルを買い戻すことが出来ます。
こうして同じように、20円の利益生まれました。
これらの方法が、為替レートの差益から利益を生み出す方法になります。

持っていない為替を先に売るのは、FX独特の不思議な取引です。
しかし、相場の動向に合わせて買いと売りのどちらからでもスタート出来るのがFXの大きな魅力です。
しかし為替差益では、必ず利益が生み出されるという訳ではありません…。レートが予想外の動きを見せた場合、大きな損失が出る事もあるからです。
利益と損失の確率は50パーセント、つまり半々だと言われています。

FXでは、相場の動向をきちんと把握して、冷静に取引をすることが重要になってきます。


なお口座や小口の資金管理にはクレジットカードがおすすめ。

生活にとって不可欠の電気は家事経済の固定費。毎月必ず支払う支出です。それぞれそれほど高額ではありませんが、それが集まれば一般的に家計の約10パーセントを占めるようになります公共料金に関しては「口座振替割引サービス」が支払いに有益です。データ参照:カード選びやスペックの調査はこのサイトで。カードのスペックデータが凄まじい。

電気代と給水の両方のコストがかかる場合、口座振替やクレジットカードの利用をおすすめする。

大手銀行、Yuchoバンク、金融銀行、信用組合および農業協同組合のようなアカウントは、口座振替に使用することができます。あなたが手続きをとる場合、ネットバンクが使用することができない場合があるので、契約した会社に確認してください。手続きは前もって「電気料金のような口座振替申込用紙」を要求します。それは電力会社の窓口およびホームページ、あるいは水道施設事務局で受け取ります。また、ガス料金はクレジットカード支払いによってポイントを集められるでしょう。ガス料金に口座振替割引サービスはありません。それによってクレジットカードで料金を払います。クレジットカードで支払いすれば、クレジットカードの使用の度にポイントが還元されてポイントが一定量に達する場合は商品券などには交換可能です。

さらに買い物をすることができる、航空会社あるいはネット店のマイル。また電子マネーと交換することが可能。キャッシュバックを行うことができるものもあります。

すなわち、クレジットカードは支出高の確定利付きリターンとして利用できるのです。それを利用することができれば効率的にポイントが毎月経費の中で確かに貯められて、それがガス料金の割引にもなります。

投資を考えるならまず節約から

投資を考える際に、どうしてもお金を増やすことを考えがちですが、まず考えるべきなのは節約。収入よりも支出を下げることを考えなくてはいけません。例えば電気代や食費が代表的ですが、昨今のように水を水道から飲まない家庭等では、ミネラルウォーターをウォーターサーバーに切り替えるなど、費用を下げる工夫をしましょう。

FXを始めるならこの口座で。FX初心者の為のFXセミナーも開催中