FXをはじめてみよう

トレンドの流れに乗るには?

相場の中には、トレンドと呼ばれる流れが存在します。
このトレンドには、相場が上向きな上昇トレンドと下向きの下降トレンドといったものがあります。
チャートを見た時には、ローソク足の流れがどのような方向に向いているのかで、トレンドがハッキリと分かります。
為替に限らず、一度相場の中でこうした流れが出来ると、一定の間はひとつの流れが続いていくとされており、このようなトレンドの流れに乗れば、大きな利益を狙う事も可能です。

トレンドには大きく分けて上昇と下降そしてもち合いの3種類が存在します。
上向き=上昇トレンド、下向き=下降トレンドと分かりやすいのですが、もち合いとは、下降や下落を繰り返すなど、それ以外の部分を指します。

チャート上では、こうした上昇トレンドの流れを掴むためにトレンドラインと呼ばれる線を引きます。
トレンドラインは、上昇トレンドの場合ローソク足の安値どうしを線で結び、一本の線にします。
この下値支持線は、別名サポートラインとも呼ばれ、一種のボーダーラインのような役目を果たします。
サポートラインを下回らなければ、上昇トレンドが続くと予想され、反対に下回るようであれば、相場が下げに転じることが考えられます。

次に下降トレンドの中で、トレンドラインを引いてみる事にしましょう。
下降トレンドでは、ローソク足の高値どうしを結びます。
このトレンドラインを上値抵抗線、別名レジスタンスラインと読んでいます。
このラインより上回らないのであれば下降トレンドが続き、上回る場合は相場が上がることが予想されます。
このようなトレンドラインは、相場の予想方法として、活用出来ます。