FXをはじめてみよう

移動平均線って何?

移動平均線とは、ある一定期間相場に参加した者達が売買していた値段を、平均したものを示しています。
これは、トレンドラインと同じように相場のトレンドを掴むのに役立つ線になります。
移動平均線では通常、一定期間の終値の平均を結んで線にします。
一般的には短期線と長期線を2本結ぶか、短期線と中期線、そして長期線の3本を結んで線にします。

実際に移動平均線を引いてみる事で、相場の流れ=トレンドを読むことが容易になります。
どのようなイレギュラーな動きをしていても、平均した大きな流れを捉えることで、全体の大きなトレンドを把握することが出来るのです。

また、現在の為替レートが移動平均線より離れているかを見ることによって、買い過ぎや、買われ過ぎなどの相場の状態を、いち早く見つけることが出来るのがポイントです。
その様な場合、相場では自動的に修正が入ることもあるので、収れんするタイミングを計って売買することが可能となります。

移動平均線の中には、ゴールデンクロスとデットクロスと呼ばれる流れが存在します。
ゴールデンクロスとは、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に向かって突き抜けることを意味し、価格が上向きに転じる、買いのサインと言われています。
反対にデットクロスは、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に向かって突き抜けることを意味し、価格が下向きに転じる売りのサインだと言われているのです。

しかし、ゴールデンクロスとデットクロスも、いつも売買のタイミングが判りやすいという訳ではなく、時々ダマシと呼ばれる様な、誤ったタイミングのサインが現れることもあるので、油断は禁物です。
他の指標と照らし合わせて、総合的に判断するようにしましょう。