FXをはじめてみよう

テクニカル指標について

テクニカル指標とは、いろいろな角度で計算の指標を立てて、それによって相場を予測することを言います。
ここでは、テクニカル指標についてもう少し詳しく見ていくことにしましょう。

まず、テクニカル指標は大きく分けて3つの種類に分類することができます。
まず1つめはトレンド分析と呼ばれる、今のトレンドの流れに乗って、利益を見つけていく方法です。
2つめはオシレーター系と呼ばれる、買われ過ぎや売られ過ぎの状態を追って、その逆を行き利益を出して行くような分析法です。
そして3つめはその他と呼ばれるもので、オシレーター系とトレンド型の両方の性質を持つ分析方法です。

トレンド分析は順張り系と呼ばれます。順張り系とは、これまでの相場の流れに沿って取引をすることで、上がっている時には買って、下がっているときには売っていくような取引を意味します。
次に、オシレーター系は逆張り系と呼ばれ、相場の中で、売られ過ぎや買われ過ぎを見つけて、買いポジションや売りポジションと言った、収束点を狙った取引のことを言います。

このようなテクニカル指標は、大変便利に使うことが出来るのですが、いつでも必ず当たるという性質のものではありません。
テクニカル指標だけで判断するのではなく、総合的に複数のテクニカル分析やファンダメンタル分析等を使って、客観的かつ大きな視点で相場をみていく必要があるのです。相場に合ったものを活用するようにしましょう。