FXをはじめてみよう

トレンド系のMACDって何?

トレンド系で人気指標と呼ばれるものにMACDという指標があります。
このMACDについて、ここでは、詳しく見ていくことにしましょう。

MACDとは、現在の相場のデータに価値を置いて、データ情報が古くなれば価値が減っていく移動平均線のことを指します。
つまりMACDはトレンドの方向を見ていくのに優れた指標として、トレンド系では人気があるのです。
MACDのサインは非常に読みやすくてシンプルな為、買いのサインと売りのサインが一目で分かるようになっています。

MACDでは、買いのサインと売りのサインに加えて、交差する角度が重要になってきます。
交差する角度が大きければ、より信用度の高いサインと言えます。
反対に、交差する角度が浅ければ浅い程、信用性は薄く、ダマシの可能性があるのです…。

MACDは、比較的当てやすいことでも人気が高いのですが、もち合い相場などでは小さなゴールデンクロスやデットクロスが出現しやすいため、サインの信頼性が低いことが多いです。
そして、移動平均が基本となっているので、急激に上昇した場合や、下落した場合に追っていくのが難しいことがあります。
じり安や、じり高といった安値の傾向が続いて価格が下落していく様な場合は、上昇ペースが落ちても維持をする必要があったり、トレンドに逆らった売買サインを上手に出して行くことが、大きなポイントになるのです。

このようなトレンド系のMACDでは、直近のデータに着目して、クロスの角度に注目する以外にも、さまざまな要素を組み合わせて判断する必要があります。