FXをはじめてみよう

オシレーター系の基本であるRSIについて見ていこう

RSIとは一体どういったものを指すのでしょうか?
RSIについて、ここでは詳しく説明したいと思います。
RSIはRelative Strength indexを略したもので、日本語で説明すると現在の相場が上昇か下降か、どちらに傾いているのかを示した指標になります。つまり、買われ過ぎや売られ過ぎといった状態を数値に表し、相場の強弱を教えてくれる仕組みになっているのです。

RSIでは、どのような状態になれば、売りや買いのタイミングがハッキリ判るのでしょうか?
RSIの売りサインと買いサインについて見てみましょう。
RSIは一般的に14日間という一定期間中、レートがどのくらい上下しているのか、変動幅の中で計っていきます。
70パーセントのゾーンでは一般的に買われ過ぎと言われ、30パーセントの下部ゾーンに入った時には売られ過ぎだと言われます。
このように非常にシンプルで見やすく、判りやすいことから、RSIは人気の高い指標となっているのです。

RSIは、上昇の幅や下落の幅をもとにして、ある一定期間中にどれくらい買われ過ぎているのか?
売られ過ぎているのか?を判断をしていきます。
したがって、一定の幅の中で上下の動きを繰り返すようなもち合いの状態では、非常に強い力を発揮してくれすのです。

反対に、相場が大きな上昇状態にある場合や、下落が続いているような時には、大きなトレンドの中でダマシが起こりやすいので見極めにくく、注意が必要です。
こういう場合は、MACDなどの順張り系のテクニカル指標なども用いて、併用する事によって予測の精度を高めていく必要があります。