FXをはじめてみよう

ストキャスティクスはボックス相場で活躍する?

ストキャスティクスとは、どのようなことを意味するのか、皆さんはご存知でしょうか?
ストキャスティクスとは、RSIと同じようなオシレーター系であり、買われ過ぎや、売られ過ぎに着目していくテクニカル分析の事を言います。
現在の値動きを、過去の値動きと見比べ、100パーセントに近ければ、現在のレートが買われ過ぎだと判断します。
その反対に、0パーセントに近ければ、レートは売られ過ぎていると判断するのです。

ストキャスティクスには3つの線があり、それぞれ%K(パーセントK)、%D(パーセントD)そしてSlow%F(スローパーセントD)と呼ばれるものがあります。
これらのうち、%Kは反応が素早いのですが、ダマシが多いという短所があります。
このため%DやSlow%Dなどのストキャスティクスと呼ばれる、二本の線をしっかり見ていく必要があります。

これらの見方は、オシレーター系の他のものと同じように、上部の70パーセントに入ると買われ過ぎているとされ、下部の30パーセントでは、売られ過ぎゾーンと考えられています。
売られ過ぎゾーンに入っている時は、すなわち買いのサインとして判断するのです。

ストキャスティクスは、ボックス相場で最も効果を発揮してくれます。
ボックス相場のチャート上で、有効なシグナルによって相場が反転する時を教えてくれるのです。
その反対に、上昇や下降トレンドの時にはしっかりとトレンドを読むことができないので、適切な売買のサインを見つける事が難しくなります。
ストキャスティクスを使う時でも、MACDなどの移動平均線を用いて、総合的に見ていく事が大切です。