FXをはじめてみよう

IFD、OCO、IFO注文って何?

IFD注文とは、事前にOO円になったら新規で買う、OO円になったら決済して売るといったように、新規注文と一緒に決済注文を行う注文方法になります。
IFD注文を設定しておくと、新規注文から決済注文まで自動で行われるので便利に活用する事が出来ます。
その他にもIFD注文には買いストップ&売りストップの組み合わせや、買い指値&買いストップの組み合わせ、そして買い指値&買いストップを指定する組み合わせが存在し、様々な予想に合わせてパターンを選択する事ができるのです。

次にOCO注文というものがありますが、これは2つの注文を設定しておいて、どちらかが成立すれば、もう一方が自動的にキャンセルになる大変便利な注文方法になります。
相場が読みにくい場合などは、OCO注文にしておくと便利でしょう。
OCO注文では、買指値&買いストップ買指値&売指値買いストップ&売りストップ売指値&売りストップという組み合わせで、新規の注文を行います。
決済注文の組み合わせでは買指値&買いストップ売指値&売りストップの組み合わせで注文をします。

もうひとつ、IFO注文と呼ばれるものもあります。
これはIFDとOCOを組み合わせた注文の仕方で、2つのシナリオOO円になったら新規で買い、OO円まで下がったら決済して売る。
もしOO円まで下がるのであれば損切りを行うというような注文を設定出来るので、利益確定の設定注文と損失限定の決済注文がセットで出来るという優れた自動注文方法になるのです。

普段忙しくて時間が取れない方には、IFO注文を設定しておく事で、損切りと利益確定が自動で対応可能となり、大変便利なシステムとして活用出来るでしょう。